それぞれの家電について、しっかりとしたリサイクルの知識をみにつけよう!

>

リユースという観点

買い取り業者という方法

ここまで、家電を処分するには、どんな方法でも費用がかかってしまうことをお伝えしましたが、実は、費用がかからずに処分できる方法があります。それは買い取り業者へ売却することです。買い取り業者に売却をすれば、処分をするための費用もかからず、手軽に処分をすることができます。さらに、買い取り代金ももらうことができるので、一石二鳥です。ただしこれは、まだ使えるものに限ります。使えないものや、あまりに状態がひどい物だと、買い取ってもらえないことが多いので、その場合は、家電リサイクル法を守りしっかりと処分するようにしましょう。買い取り業者といっても様々なところがありますが、家電は運び出しづらい物が多いので、出張買取をおこなってくれるところだと、手間がかからないでしょう。

やぶってしまった場合は?

最後に、家電リサイクル法を破ってしまった場合の、厳罰についてを紹介していきたいと思います。家電リサイクル法上では厳罰は定められていませんが、不法投棄をしてしまった場合に、個人だと、30万円の罰金が課せられることが、ほとんどです。罰則としては、5年以下の刑務所内労役か、1000万円以下のお金を払うことになりますので、もっとひどくなる場合もあるのです。ちなみに、法人が不法投棄してしまった場合、5年以下の刑務所内労役、または1000万円以下のお金を払うことに加えて、3億円まで加重される場合があります。未遂であっても同じように罰せられるため、不法投棄は絶対にやらないようにしましょう。今回は、リサイクルをするときは、量販店か業者のどちらが得なのかを調べていきましたが、どちらにもメリットデメリットがあります。なので、それをしっかりと把握したうえで、リサイクルをするようにしましょう。


この記事をシェアする